検診の重要性|腰椎椎間板ヘルニア治療方法とは|激しい痛みに襲われたなら
婦人

腰椎椎間板ヘルニア治療方法とは|激しい痛みに襲われたなら

検診の重要性

女性

検査の内容

乳がんになる患者数は毎年増え続けています。女性の14人に1人が発症する割合で、年間約1万3,000人の人が亡くなっている状況です。乳がんを予防する対策として、検診が勧められています。この検診では、マンモグラフィと超音波検査があります。乳房触診も検診の1つですが、最近はこれを行う病院は少なくなりました。基本的にマンモグラフィが乳がんを発見しやすいと言われています。マンモグラフィは乳房を挟み込み、レントゲン写真を撮る機械です。深部にまで読み取れる作用があり、鮮明な画像で乳がんの発見には分かりやすい特徴があります。超音波検査では超音波にて乳房の中を見ていき、その場で異常を疑うことができます。乳腺が発達した若い世代には超音波検査の方が向いているため、できれば乳がんの検診はこの2つを受けておいた方がいいでしょう。

受診率の低さ

日本では、乳がんの検診を受ける人は少ないです。検診の受診率は半数に満たない割合となっており、その動向は将来的な可能性を考えると懸念されます。欧米では乳がんの検診率はほとんどの人が受けており、以前からその割合が維持されています。日本でも国が検診を推奨しており、40歳以上は2年に1回は無料で受けられる待遇に力を入れている状況です。この病院で行われる検診の他にも、自己検診を日ごろから行っていく方法も早期発見につながります。実際に病院の検診を受けにくる人の半数以上が、自己検診で違和感を感じたという理由が占めています。自己検診は自分の胸を触りながらしこりの有無を確かめる方法で、固い感触があったときは疑いが強くなります。しかし、これだけでは正確性も持てないため、やはり病院での検診も同時に受けていくのが一番です。自己検診では分からない部分にまで見通せる効果があるので、機械の性能に頼ることも大切です。