先生

腰椎椎間板ヘルニア治療方法とは|激しい痛みに襲われたなら

検診の重要性

女性

乳がんは急激に増えてきている女性のがんです。発症する年代は40歳以上から多くなり、50代でピークを迎えます。これを予防するには検診が一番の対策となり、マンモグラフィや超音波を使った検査を定期的に受けていく方法が勧められています。

詳しくはこちら

免疫力を活用する医療

看護師

近年発達してきた治療法である「免疫治療」は、抗体を体外から注入し、私たちの体内に存在する免疫力を活用するものです。そのため、特定の疾患の既往歴がある人は事前の打ち合わせが必要になります。抗体そのものには治療効果はありません。免疫細胞があつまるべき場所を他の細胞に知らせる特性があります。

詳しくはこちら

医療機関は評判が大切

病院

病院の口コミサイトは、実際に行く前にその施設のことを知ることができるので便利です。しかも遠方の情報も収集できるので、引っ越しや旅行の際の医療機関探しも難なくできます。そのうえ24時間いつでも利用できるので、急病の時にも一役買うはずです。また色々な意見があるので、より公平に判断できるのもメリットです。

詳しくはこちら

腰痛の原因と治し方

カウンセリング

腰痛を治すには

腰痛とは腰部分で発生する痛みのことです。腰痛の原因はおおきく分けると2種類あり筋肉痛と神経痛です。筋肉痛の場合には無理に身体を動かした場合などに発生するもので、神経痛は神経が傷ついたり圧迫されたりして発生します。筋肉痛は一過性ですが神経痛に関しては腰椎椎間板ヘルニアなどが考えられます。背中には背骨があり身体を支えていますが、腰の部分がもっとも負担の掛かる場所であり、また背骨には重要な神経も走っています。背骨は複数の椎骨と呼ばれる骨によって構成されていますが、この椎骨と椎骨の間に椎間板と呼ばれるクッション材の軟骨があり、これが何らかの理由で突出することで神経を圧迫し激しい痛みが発生します。このため、腰椎椎間板ヘルニアの治療をする場合にはヘルニアを治す必要があり、重度の場合には突出している椎間板を切除するなどの方法で取り除く治療が行われます。一方で腰椎椎間板ヘルニアでも痺れなどの症状がない場合には、痛み止めで様子を見るといった治療も行われます。

腰痛の原因を知る

腰板を治すためには、腰板の原因を知ることが重要です。腰椎椎間板ヘルニアの場合には、腰椎部分の椎間板が突出することで神経が圧迫され痛みを生じるというものです。一方で背骨は骨だけで支えられているわけではなく周囲に付く筋肉によって支えられています。椎間板ヘルニアになる理由のひとつが筋肉の衰えがあり、このため背骨に付く筋肉を付けることで改善することが可能ですし、また姿勢も大きな影響が出るため姿勢を正すだけでも十分な効果があるとされます。手術によって治療する方法は神経の多く通る部分を切開する必要があります。そのため、まずは多くの場合には痛み止めなどで痛みを抑えてコルセットなどを付けて様子を見るのが一般的です。